談話室 地形データに基づいた山菓子

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後に三十郎により1年前に更新されました。
1件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #1485
      三十郎
      参加者

         5月28日放送の「ぶらり途中下車の旅」を見たら、富士山などの山を模したチョコレート菓子を提供してる店が紹介されてました。食堂や土産物にありがちな富士山っぽい形の食べ物とは違い、ちゃんと国土地理院の実際の地形データを元に、作っているんだとか。
        たしかに利尻富士などは画面に映った時に、一目で利尻山じゃないかって気付くレベルでした。一瞬3Dプリンタかと思いました(^_^;

        テレビに映った作り方では、地形データに基づいた「型」を作って、裏返して材料を詰めているみたいですね~

        お菓子の山は富士山、利尻山、由布岳、大室山、、etc

        ただ面白いんですが、お値段は私なんかは手が出ない金額でしたので、テレビで見るだけにしておきます(^_^;

        (店名は小楽園です)

      • #1487
        tabarin
        モデレーター

          三十郎さん こんにちは

          ご紹介いただいた菓子舗のホームページをみました。それぞれ凝ったデザインで、買ってももったいなくて食べられないですね。もっとも手が出ない価格ですが...。

          2019年3月にこんなのを河口湖の音楽と森の美術館で見つけて、前のFYAMAPに紹介しました。こちらは手が出せる価格です。作っているのは株式会社アステック長野という精密部品メーカーです。

          • #1489
            三十郎
            参加者

              tabarinさん こんにちは。
              有るもんですね~地形データを活用した富士山型食品。アステック長野さんのは、価格もお手頃で、私も買ってみたいと思いました。ありがとうございます!

        1件の返信スレッドを表示中
        • このトピックに返信するにはログインが必要です。